マルタ留学のビザ情報〜ビザ申請用紙ダウンロード可能〜

malta-visa

マルタ留学をするには留学期間に応じたビザが必要です。

観光ビザで留学ができる方もシェンゲン協定のことは気にしておかなければなりません。学生ビザの方は書類を集めて現地で申請をしなければなりません。留学プランにあった期間設定、留学期間に合った準備をしていきましょう。

90日以内の場合

マルタ留学期間が90日以内の日本国籍の方は基本的にビザの申請は必要ありません。

マルタはシェンゲン協定に加盟しており、日本国籍の方は「あらゆる180日間における最大90日間」シェンゲン加盟国にビザなし(=TypeC)で滞在することが認められています。つまり日本国籍の方はビザなしでマルタに90日間滞在することができますが、マルタに90日間滞在した場合他のシェンゲン加盟国にさらに滞在することはできません。
マルタ留学の間にヨーロッパ旅行に行っておきたいという方も多いですが、その場合はマルタ留学後ではなくマルタ留学中に旅行を済ませることをお勧めします。

ちなみにあらゆる180日間における90日とはなかなか難しい表現ですが、つまりどの日を起点に過去180日遡っても90日を超えてシェンゲン加盟国に滞在してはならないということです。滞在期間を計算できるサイトもあるので活用してみてくださいね。

91日以上の場合

91日以上マルタに滞在する場合、現地で学生ビザの申請(=TypeD)を行う必要がございます。

必要書類が多いため、1つ1つしっかり確認をして漏れがないように準備しましょう。ビザ申請の手続きにはおよそ4週間かかります。その間はパスポートが手元にない状態となりますので、旅行の計画はお控えください。また、入学後1ヶ月以内には申請手続きに取りかかれるように準備しましょう。

必要書類

・ビザ申請用紙
→現地の学校で手配がありますが、出発前に事前に準備しておいてももちろんOKです。
こちらから用紙はダウンロード可能です

・パスポート原本

・パスポートコピー

・パスポートサイズの証明写真1枚

・ビザレター原本
コース受講期間やパスポート情報、授業料の支払いが済んでいる旨が記載されたもの

・ビザ申請書
学校で取得することができます。

・授業料支払い証明書
学校が発行した書類で支払いが終わっていることが確認できるもの

・滞在先証明書
学校の寮などに滞在される方は学校が発行します。

・マルタ入国便の詳細
入国までに出国チケットを取る必要があります。忘れずに確保しておきましょう。

・入学許可証
学校が用意をします。期間などに間違いがないか確認しましょう!

・滞在期間をカバーする海外保険付保証明
英文ユーロ建てで取得ができます。英文ユーロ建てで保険会社へ依頼をする必要があります。

・残高証明書
滞在先の費用を既に支払っている場合、コース受講期間1日あたり€25。
本人名義の口座である必要がありますが、ご家族のものの場合はその方との関係を証明する書類が必要です。

・ビザ申請費用(€66)

申請手順

ビザ申請はCentral Visa Unitというビザセンターで行います。
ビザの申請が必要な方は学校へビザの申請をしなければならない旨を伝え、学校に言われる時間の通りにセンターへ向かいます。

■Central Visa Unit
https://identitymalta.com/visas/
学生ビザ申請時間2019年7月現在:月〜金曜日午前9時〜14時
Pjazza San Kalcidonju, Floriana FRN 1530 Malta

首都であるバレッタにありますので、バレッタ以外の地域の学校に通われている方はフェリーやバスで移動をする必要がありますね。

当日申請に行く際は、上に挙げた必要書類が全て揃っていることを確認しましょう。

申請に行った際は初めにビザに使う写真を撮影され、その後は呼ばれたときに書類を提出するのみ。その後管理番号のようなものが渡されますので、それをなくさずに受け取りの際にお持ちください。

ビザ申請自体は簡単ですが、書類が多いので抜けがないようにしっかりご準備くださいね!!

マルタ無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考