マルタ留学するなら知っておきたい!2018年マルタの観光事情!

昨日はマルタのフライト情報をシェアしましたが、今回はマルタの観光業に関するニュースを。こちらもmaltatodayの2019年2月の記事ですので少し古いニュースですが、マルタに留学される方の中には関心のある方も多いと思いますのでシェアします。

2019年2月に国家統計局の発表があり、2018年にマルタを訪れた観光客は260万人であったとのこと。この数字は2017年を14.3%も上回っているそう。観光大臣であるKonrad Mizzi(コンラッド・ミッツィ)は”2018年、地中海の国々の中では最も年間を通して(つまり特定の季節に偏りなく)観光客を受け入れており、それを続け地中海一の観光国を目指したい”を話しているとのことです。

夏がハイシーズンのマルタでは観光客が少なそうな12月単月で見ても、10万人を超えており前年比8%増。日本人の観光客もかなり増えていますし、日本人もきっとこの数字に貢献しているはずですね。

滞在期間で見ても、1週間以上滞在した人の数は130万人と全観光客の半分。この数字も2017年を9.2%上回っているそうで、マルタの観光業が盛り上がっていることがわかりますね。また260万人のうちマルタを訪れるのが2度目以上という人は68万人を超えたそうで、4分の1以上がリピーターであることもわかります。ヨーロッパだけでなく今後はアメリカからの観光客を増やしたいということで、今後ますますたくさんの人に出会える国になりそうですね。

マルタ無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考